遂に製麺業界トップクラスの清潔な工場をお持ちの株式会社享屋さんのコンテンツ作りを行うことになり、またまた足立区の製麺工場まで取材と撮影と松山社長のインタビューに行ってきちゃいました!

遂に製麺業界トップクラスの清潔な工場をお持ちの株式会社享屋さんのコンテンツ作りを行うことになり、またまた足立区の製麺工場まで取材と撮影と松山社長のインタビューに行ってきちゃいました!


 

前回の工場見学から1ヶ月も経たない間に、株式会社享屋さんのコンテンツ作りが始動!こんなに早く取り組めるということで我々キンキンスタッフもテンションMAX!!!

松山社長とお会いするのはこれで3度目!相も変わらず、社長のキュートなキャラクターにわたくしども嫉妬してしまいそうなぐらい明るい社長の人柄!今回も早速どんぶりドヤ顔いただいちゃいました!!

株式会社享屋 テストキッチン 松山社長

 

キンキンファンのみなさん!社長のどんぶりドヤ顔、ラーメン屋さんで撮影したわけじゃないんでっせぇ~!!

実はラーメン屋さんの厨房をそのまま再現したという、株式会社享屋さんの製麺工場内に設けられているテストキッチンなんです!!!ここでラーメン屋をすぐにでもできるぐらいの厨房器具の数々!どんぶりの器も10種類以上とたくさん!こんなにいろんな種類をなぜ?って思われる方も多いでしょう!?

株式会社享屋 テストキッチンカウンター

 

実は、このどんぶりの種類によって麺を入れたときの見栄えだったり、お客様のこだわりのラーメンスープやかえしタレなどが、試作された麺の中で、どのどんぶりで食べた方がベストなのかまでをもお客様と一緒になって試行するという。

株式会社享屋 テストキッチン 製麺所

 

日本全国に数多くある製麺所のなかでも、ここまでの設備を備えてお客様(ラーメン店さんなど)と一緒になって1杯のラーメンを作り上げる享屋さんにアッパレ!!!

自社の製麺をいかに美味しい状態で食べていただくか、1分ゆでる麺だとしたら、ラーメン店に来られたお客様の口に入るまで、もっと言えば食べ終わるまでを逆算して、お店のオペレーション次第では50秒がベスト!など細かいところにまでアドバイスするという。

自社の製麺を最大限まで生かしていただくことで、お客様にとってもかなりのメリットがあるのは間違いないはず!ただ取引をして製麺を送るだけでは、自社の製麺は美味しく食してもらえないという想いから、ここまでのサービスになったのだろう。

株式会社享屋 テストキッチン3

 

そんな製麺に対する熱い想いを語っていただいた松山社長、今回、快く取材・撮影にご協力ありがとうございました。

東京の製麺所 株式会社享屋はこちらをClick>>>

東京の製麺所 株式会社享屋