本日は「角栄」の蓮沼店主にキンキン第二段のラーメン本の取材に行ってきました。10年以上もラーメン屋さんの経営をしてきた、蓮沼店主独自の繁盛ラーメン屋さんの作り方の発想はおもしろくて、内容も多くの方に知ってもらえたらなぁ~って思います。

本日は「角栄」の蓮沼店主にキンキン第二段のラーメン本の取材に行ってきました。10年以上もラーメン屋さんの経営をしてきた、蓮沼店主独自の繁盛ラーメン屋さんの作り方の発想はおもしろくて、内容も多くの方に知ってもらえたらなぁ~って思います。


 

蓮沼店主はなんといってもラーメン業界で二毛作営業を超えた、三毛作営業の先駆者的存在で、新しい営業スタイルを確立した男といっても過言ではないのです。

この新たなラーメン屋さんの営業スタイルから、どんどん派生して今では3店舗に広がり、アジアのラーメン屋さんの顧問的なこともするまでに!

ツーシーズ 蓮沼司店主

 

ラーメン屋さんを開業するには、いろいろな部分が重要になりますが、やっぱりトータルバランスが重要とのこと。

どっか一つが突出するだけではなく、商品、接客、内装、外装、雰囲気の全てがバランスよいラーメン屋さんが繁盛の大きなポイントだとか。

だから、食べやすい空間を作るために、カウンターの高さ、椅子の高さなどにも1cm単位で細かく調整してるんだって!!ひぇ~。この徹底ぶりはすごい!キンキンクルーも驚き!

角栄ラーメン 内装設計

 

それに、限定ラーメンを定期的に実施しそれをしっかりとソーシャルメディアで配信したり、集客はできることは何でもやるべきだよね。

って言っておられましたが、確かに何でもやってみてドンドン改良していくのも大切だなぁ~って思いますね。

角栄 イカスミBLACK 限定ラーメン

 

蓮沼店主!長時間ありがとうございましたぁ~!この繁盛ラーメンブックはこれまでとは一味違う切り口なんで、絶対おもろい内容になると思うので期待してくださいませぇ~。笑

ツーシーズ 蓮沼店主