玉造にある「ラーメン人生 JET600」の山本店主に取材してきましたあ~!   「ラーメン人生 JET600」人生の中でラーメンという食べ物は必要不可欠だ。店の名前からもそう感じずにはいられないほど、ラーメンを愛し、そしてラーメンに人生を捧げる。そんな熱い1杯は、きっと今日も誰かの人生を変えているに違いない。  
玉造にある「ラーメン人生 JET600」の山本店主に取材してきましたあ~!   「ラーメン人生 JET600」人生の中でラーメンという食べ物は必要不可欠だ。店の名前からもそう感じずにはいられないほど、ラーメンを愛し、そしてラーメンに人生を捧げる。そんな熱い1杯は、きっと今日も誰かの人生を変えているに違いない。  

  大阪では知る人ぞ知るラーメン激戦区「玉造」 そして、そんな数あるラーメン店のなかでもひときわ注目されているラーメン屋さんこそ、「ラーメン人生 JET600」なのだ!行列が並ぶのは当たり前とされているほど、その期待を裏切らない大繁盛店なのですう~。それもそのはず、山本店主はあの老舗ラーメン店「きんせい」の中村店主のもとでラーメンの「いろは」を1から学んできたんだそうだ!JET600     今では数多くのラーメン店のメニューでも見かける鶏白湯だが、昔はだいぶ珍しいジャンルのラーメンであったとか!そしてその鶏白湯にいち早く目をつけ、その火付け役とも言われているラーメン屋さんこそ、この「JET600」なのであ~る。当時「東成きんせい」で中村店主と働いていた時に出していたとされている「鶏煮込みそば」は、その元となったものなんだとか~あ!濃厚スープといえば豚骨、という常識をくつがえすかのように、鶏白湯でこってりとあっさりの二刀流をつくりあげるとは、、、!くっ!こっ、これはキンキンクルーたちの想像をはるかに超えている、、、。JET600     やはり一番煎じを切るという、その行動力こそが大きな成功を自分のものにするチャンスを生むんだな。うむうむ。それでもお店をはじめたばかりの頃はまったくお客さんが入らなかったと語ってくれた山本店主。ほっ、ほんとか?うーむ。なんだか信じられない、、、。だが、こ~んな無邪気な笑顔の山本店主がウソなんかつくはずがないのだ!うっ、うむ。JET600     「今のラーメン業界は勢いがあるし、弟子の子たちのお店もオープンした時から繁盛してる。今の子たちがこのままいけばもっともっとラーメンの業界はのびていくと思いますよ。え、僕?僕は無理ですよ!笑。ラーメン作りながら人を育てるとか、そんな器用じゃないんで!笑。ほんと今の子たちはすごいですよね!」と、またしても無邪気な笑顔で語る山本店主。だが、もうキンキンクルーは騙されないのだっ!このお方はきっと、また新たなラーメンを企んでいるに違いない、、、。JET600     聞くと「JET600」のスタッフの方々はアルバイトから正社員になった方がほとんどらしいのだ~あ!うむうむ、納得。なんだか和やかでみなさんとっても楽しそうだたな~。たしかに山本店主のこの笑顔で勧誘されると入りたくなってしまいそうよね~ん。笑 ちなみに一番左のお兄さんはアラビアンナイト感がお強いですが、純日本人とのこと!なので日本語でおーけー!とのことでしたあ~。笑   その抜群の発想力で多くの人々を惹きつける「ラーメンJET600」人生を損したくないなら今すぐその行列の最後尾にならぶべし!あべし!   山本店主、スタッフのお2人。仕込みでお忙しい中、ご協力いただきありがとうございました!