最近では、ラーメン屋さんでも炭でチャーシューを燻ってスモーキーさを演出して、独自のラーメンをさらにクオリティーを上げて提供するお店も増えてきました。

ということで、キンキンラーメン道では『大黒新備長炭』という低コストで炭火を提供できる新商品を発見しましたので、ここで紹介したいと思います。

最近では、ラーメン屋さんでも炭でチャーシューを燻ってスモーキーさを演出して、独自のラーメンをさらにクオリティーを上げて提供するお店も増えてきました。

ということで、キンキンラーメン道では『大黒新備長炭』という低コストで炭火を提供できる新商品を発見しましたので、ここで紹介したいと思います。


『大黒新備長炭』とは今までの天然のインドネシア産、ラオス産、マレーシア産などの備長炭とは違って、人工の成型した全く新しい備長炭なんです。この『大黒新備長炭』の特徴はなんといっても、今までの天然の備長炭のコストの半値以下くらいになるというコストパフォーマンスを発揮するところです。

「コストが安い備長炭だとクオリティーも微妙なんじゃない?」と思う飲食店の方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。『大黒新備長炭』は天然炭と全く同じ機能を持っているんです。だから、コストは激安ですがクオリティーも高いから多くの飲食店の皆さまから人気があるんです。

他にも特徴があり、温度が1000度以上になるというところもすごいいいところなんです。

やっぱり温度が高温になる炭であればチャーシューなどを焼いた時に表面はカリッと中はジューシーに焼きあがるし、香りもいい感じで美味しく食べられるんですよね。それに、天然の備長炭は毎回火を着火するときに、その大きさや形状によって着火までのスピードや時間が全然変わるんですが、「大黒新備長炭」は違います。

『大黒新備長炭』は人工的に備長炭と同じ機能を発揮するように作られた炭なので、誰が着火しても同じように火をつけることができるというのが、めちゃめちゃ凄いところなんです。誰が火をつけても同じようになるということは、炭の火起こしの仕込みをマニュアル化できるということなんです。

それに時間も同じようにできるので、炭起こしの仕込みが圧倒的に簡略化されるんですね。

さらに、『大黒新備長炭』は100%爆跳することがないので安心して使えるんです。爆跳しないということは炭が弾けないということなんで、焼き場に立つスタッフはもちろん、お客さまへ火の粉がパチンと弾ける心配がないということなんです。

こういう風にいろいろなメリットが『大黒新備長炭』にはあるので、多くの焼き鳥屋、焼肉屋、居酒屋、韓国料理屋などの飲食店の経営者さまから絶賛されているんです。

もし、『大黒新備長炭』に興味がある方は、下記からご注文してみてください。こちらをクリック>>>