SHIITAの店舗設計・施工イメージをご覧ください

繁盛する飲食店舗の店舗設計・デザイン のことなら?SHIITA
失敗しないラーメン屋さん開業のための店舗設計・施工イメージをご覧ください Case1.【駅前立地10坪~20坪でラーメン屋さんを開業する場合】
カウンターのみで営業できるのがラーメン屋さんの特権です。その利点を生かしてラーメン屋さんを開業するために、フロアーに出ないでも丼を提供し、回収できるという導線が重要になります。
また、ラーメン屋さんを開業する際は、居抜き物件を使うことも多いのですが、前に使っていたオーナーさんの仕様になっているケースも多いので自分の仕様に合わせてスケルトンから設計デザインをすることもオペレーションを回す上での大きなポイントです。
環境イメージ駅近・オフィス立地型.念願のラーメン開業だぁ~! この図面をベースにシータなら様々なデザインをご提案することが可能です。
事例1
事例1
事例2
事例2
事例3
事例3
Case2.【住宅街・ロードサイド立地20坪~30坪でラーメン屋さんを開業する場合】
住宅の多い立地ではファミリー層の獲得をするためにテーブル席・小上がりがあるラーメン屋さんにすることが、周りのラーメン屋さんや飲食店との差別化につながる大きなポイントです。
また、フロアーに出て丼を提供し、回収する必要があるので厨房からフロアーに出るまでのオペレーションもしっかり考えた店舗設計・デザインをすることが重要になります。
環境イメージロードサイド・郊外型.ついに3店舗目オープン! この図面をベースにシータなら様々なデザインをご提案することが可能です。
事例1
事例1
事例2
事例2
事例3
事例3
他にも知っておきたいラーメン屋開業の店舗設計・施工のポイントラーメン屋さんの場合は他の飲食店とは違い湯切りをする場所の確保も必要になります。熱周りの機器や排気設備もポイントになります。ラーメンだけをやるのか、つけ麺もやるのかによっても設計・レイアウトが変わります。スープはセントラルキッチンで作ったものを温めるだけなのか、寸胴を何個置くかなども予め検討が必要です。 カウンターと厨房の高さも設計・施工では重要です!
お客様が席に付いてラーメンを食べる時、カウンターから座席の高さが30㎝程度の高さが一番食べやすいとされています。それに合わせて客席を床上げしたり、カウンターの高さを調整することが重要なポイントになります。
また、少人数で回す場合はカウンターからお客様に直接提供ができるような店舗設計・施工をしなければ、開店してから店舗オペレーションが大変になってしまいます。
カウンター設計・施工のポイントをチェック!
防水層の床下仕上がりレベルが25㎝、台下の一般的な厨房機器の高さ80cm、手元を隠すため
や水が飛び散らないように作業用の手元隠しを20㎝でつけると床から125㎝が必要になります。
厨房図 カウンターは高くなり過ぎないように!厨房の床を下げることができれば対応は変わる!湯切りなど充分なスペースをしっかり確保! 他にも知っておきたいラーメン屋開業の店舗設計・施工のポイント牛丼店タイプのカウンターの場合は提供専門のスタッフが必要になります。坪数と席数によってエアコンは何馬力いるのか、という計算も居心地の良い体感温度を産みだすために必要です。つけ麺の場合は、水で麺を〆て出すので茹で麺機の横にシンクを作ると効率アップにつながります。また、つけ麺をする場合はシンクの大きさは最低でも幅60cmはないと冷やしづらくなってしまいます。建物の構造を考えた上で排気の向きをどこにするのかも考える必要があります。 お客様のご要望に親身にご対応します!商空間事業部 チーフディレクター 中野 般
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
店舗名または会社名 
住所 
お名前 
メールアドレス 
電話番号 
携帯電話 
FAX番号 
お問合せ内容  一度相談したい現場を見て提案して欲しい店舗設計・デザイン・施工を依頼店舗設計のみ希望お見積りを希望その他ご質問
お問い合わせ詳細