29歳まで、光ファイバーの営業マンとしてトップの成績を出しながら、自分の納得できる仕事を探し、ラーメン屋での独立を決意。ものの3年で3店舗にまで展開し、社長独自のお客様目線の経営でどの店舗もノーメディアで一流の繁盛店への成長させる。その社長が語る夢とは-。

株式会社 お客様 みなさま おかげさま
代表取締役社長
島田 隆史 氏
経営店舗:麺屋もみじ 島田製麺食堂 必死のパッチ製麺所

-自分は営業マン、突然目の前に現れたベンツに乗る後輩

  僕のもともとの経歴は、最初の就職が高校卒業して5年程ラーメン屋さんで働いたのが始まりです。それがそもそものラーメンのきっかけだったんです。その後 その他にも飲食店で働いたりしていて、それから2007年ぐらいに営業の仕事を初めて、29才までサラリーマンしていました。当時は当時なりに、自分を試 したいっていう想いがあって、そういう仕事していました。光ファイバーの営業ですね。ナンバーワンだったんで、月給手取りで50万円以上ありましたよ。

  そんな時、自分がめっちゃいじってた後輩が突然ある日ベンツに乗って現れて、月に100万円ぐらい稼いでるって言ってたんですよ。それで、やばいな、って 思って。自分も稼がなきゃやばい、っていうのが独立の直接的なきっかけかもしれないです。あいつに負けたくないな、って気持ちで、稼ぐにはどうしたらいい のか考え始めました。

島田製麺食堂の社員・アルバイト求人情報はこちら

JUNK STORYの社員・アルバイト求人情報

必死のパッチ製麺所の社員・アルバイト求人情報はこちら

JUNK STORYの社員・アルバイト求人情報